読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

東京五輪新種目「三百段跳び」

2020東京オリンピック新種目

f:id:nan7net:20160910072514p:plain

幅跳びだと跳ぶのは1歩。いわば一段跳び。

三段跳びの世界記録は18メートルくらいだそうです。わずか3歩で18mを移動。すごいですよね。

歩数をもっと増やせそう。5歩や10歩だとインパクトに欠けますね。とりあえず100倍してみましょうか。

三段跳は世界記録18mくらい。だからそれを100倍して、約1800mをジャンプし続けることになります。

これはキツイですねえ。途中で失速することうけあい。ジャンプする回数がハンパない。ハードルのないハードル競技に通ずるものがあります。

何回跳んだかは選手自身でカウントしてください。最後の砂場まで飛び終えて、99回や101回だったりしたらファウル扱い。だから飛距離の調節もまた重要。そこも300段飛びで必要とされるテクニックですね。

約1800メートルもピョンピョン飛び跳ね続けるわけですから、距離が長めのハードル競技と実質変わりません。競うのがタイムではなく距離という点が異なっていて、これは大きな違いといえるでしょう。