読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

笑ってはいけない東京五輪新種目「シンクロナイズドタイキック」

2020東京オリンピック新種目

f:id:nan7net:20150409180621j:plain

デデーン。

タイキック。

音もリアクションも普通のお仕置きより派手で、タイキックの方がガチで痛そうな感じが楽しいですよね。

タイキックはオリンピック競技として十分なポテンシャルを秘めています。でも単純にケツを蹴るだけじゃ芸が無い。

そういえば、タイキックとダイビングって似てるなあ…

笑ってデデーンされてタイキックされるまでシンクロ

シンクロナイズドタイキック競技はシンクロナイズドダイビング同様、飛び込み演技の優雅さと共に動きのシンクロ率も評価されます。

それに付け加えて笑い方、笑ってはいけないのに笑ってしまったときのリアクション、お仕置き棒、いやタイキックの叩かれ方、叩かれた後のリアクションまで二人揃ってシンクロしてもらいます。

ほら、シンクロ競技って最初から最後まで常に笑顔じゃないですか。だから必ずアウトになるんです。そして「すでに笑いましたが最後までお楽しみください」のテロップがテレビのオリンピック中継画面に表示されます。毎年おなじみの予定調和ですね。

プールに飛沫を立てず飛び込み、演技を終えてプールサイドに上がって来たあと、お待ちかねのお仕置きタイキック。どこからともなく歴戦のムエタイ戦士が2人、意気揚々とやって来ます。そして水着姿の選手二人のお尻にそれぞれ同じタイミングで痛々しいタイキックが炸裂。柔らかいお仕置き棒と違って本物のプロムエタイ選手によるガチなタイキックは放送事故かってくらいに痛いはず。

蹴られて超痛くてもシンクロ水泳的には笑顔を絶やすことはご法度です。引きつった笑みをオリンピック中継カメラのほうへ向けてニッコリ。競技終了、採点が行われますのでインタビュールームで赤く腫れたお尻をさすりながら結果を待ちましょう。お疲れさまでした。