読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

全く益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えたブログ

嫌がらせ怖い! 思わずハラハラする○○ハラスメント7選

なんなな7選

f:id:nan7net:20161117161350j:plain

ハラスメントする人って嫌ですね。同じことを3倍返ししてもお釣りがきます。モラハラ、パワハラ、セクハラ、マタハラ、最近じゃラーメンをすする音がハラスメントだなどと言い出したヌードルハラスメント略してヌーハラなる新ジャンルもあるとか。

むしろ音を立てないことを他人に強要する逆ハラスメントのような気もしますが、本気で言ってるなら他国のヌードルショップ店内でも恐れることなく声高にヌーハラを叫んで欲しいものです。

怖くてハラハラするハラスメント、まだまだ他にもあります。

ハラスハラスメント

鮭のハラスを食べるよう強制されます。魚のお腹のあたりで脂が乗ってる部位ですね。

お弁当のおかず、おにぎりの具、居酒屋で酒の肴もハラスを注文するよう強制されるし、頼んでもないのに別の誰かが注文してあなたの前にだけハラス焼きを置かれます。親切なのか嫌がらせなのか。

冠婚葬祭などの席でどうしても鮭ハラスが供されない場合は、手弁当でマイハラスを持参しなければなりません。

略してハラハラ。朝から晩までハラスハラスハラスの毎日。こんな嫌がらせ絶対耐えられない。でも美味しいよね鮭のハラス。

ハラミハラスメント

牛のハラミを強制されます。豚のハラミでも許しましょう。朝からハラミをおかずに一汁一菜。昼も夜もハラミ。

おにぎりの具、酒の肴もハラミの焼肉、就職先は牛豚食肉関係、嫁さんの好きな所はハラミがある肋骨の真ん中らへん。

カルビ? トントロ? 構いませんよ。でもハラミも一緒に食べてくださいね絶対。ハラミ食べてね♪ ハ ラ ミ 食 べ て ね 。

略してハラハラ。最初は美味しいハラミを楽しめていても、翌日、また翌々日も、これから毎日ずっとハラミを強制される恐怖。

ハラエハラスメント

料金を払え払えとみんなの財布代わりにされる笑えないハラスメント。いわゆる「焼きそばパン買ってこいよ」メソッド。いじめとかいう便利な言葉で誤魔化されてるだけで、犯罪です。ホントに笑えない。

略してハラハラ。こんな悪霊みたいな悪い奴は呪われてますから、お祓いしましょう。さあ、祓って祓って。祓え祓え。霊能力者の人もハラエハラスメントの被害者です。

ハラキリハラスメント

切腹を強要されます。大岡裁きなんぞ期待してはいけない。そんなもの現代の日本ではごく一部の裁判所を除いて存在しません。麻酔なしの腹部切開は物凄く痛く、しかも絶命までに時間がかかるから辛いですよ。

略してハラハラ。極刑が究極のハラハラといえなくもないけど、各国で方法は様々。首吊り、電気ショック、薬物投与、投石はあっても、ハラキリを採用している司法は現在のところ見当たりません。もしハラハラを強要するなら、介錯する首切り人の用意まで責任もって全うしていただきたいもの。

ハランバンジョウハラスメント

波瀾万丈に生きることを余儀なくされます。もしテレビ番組「いつみても波瀾万丈」がまだ放映されていたら出演を強制されていたことでしょう。

何をもって波瀾万丈と呼べるかは人それぞれ。浮き沈みが激しいイメージがありますね。大金を稼いだあとに膨大な借金をこさえたり、10年越しの恋を実らせて結婚したと思ったらわずか2週間で電撃離婚したり。

略してハラハラ。平穏無事な人生を送りたいと思ってる人にとって、予測できず不安を感じてハラハラしっ放しの毎日は苦行でしかありません。ハラハラ的には成功ですが、ノイローゼに陥らないようご自愛くださいませ。

ハラッパハラスメント

そろそろハラハラという文字がゲシュタルト崩壊してきた頃でしょうか。ハラッパハラスメントも略してハラハラと呼び、原っぱで住所不定無職にならざるをえない酷い仕打ちです。

いくら強制とはいえ、その辺の原っぱに住めと言われても無理なものはムリでしょう。このハラハラは救済措置として、100歩譲ってパキスタンのインダス文明遺跡ハラッパーでも可とします。我ながら甘いなあ。現地近隣には観光客向けのホテルくらいあるでしょうし。大昔は沢山の人間が暮らしていた大都市だったんだから自信を持ちましょ。

ハラハラハラスメント

とにかく常にハラハラさせられ続けます。せわしなく心が安らぐことは決してありません。上記の各ハラハラ全部まとめて襲って来たとしたら。加えて無闇に驚かされたり怖がらされたり。

もう略す必要もなく初めからハラハラ。ドキドキの連続は刺激的で人生退屈しないけど、強制されてても楽しめるかな。余裕がなくなりだすと心を削り取られるのがハラスメントの恐さ。まさかハラスに恐怖を感じる人生になろうとはね。