読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

全く益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えたブログ

神ってるアニメ作品を制作した神アニメスタジオ会社

おすすめアニメ7選

f:id:nan7net:20161223143723p:plain

神ってるアニメ作品が神アニメスタジオから生まれないわけがない。たとえ神アニメーターが年収数十万円で働かされてても、そこから神アニメは生み出されている。聖なる夜も。

Gohands

独特の耽美な色使いと澄み切った音楽が流れる舞台で7つのクランに分かれた秀逸美麗な男女が異能力バトルするアニメ「K」でGoHandsを知った方も多いのでは。かと思えば下ネタ、隠語、猥談だけで構成されるアニメ界屈指のピー音回数を誇るアニメ「生徒会役員共」では「上品な下品さ」を見事に表現。神ってなければなし得ない所業。

Kのようなグリグリ動きエフェクトバリバリなバトル表現は得意とし、女子高生が放射能汚染の東京を探索バトルするアニメ「COPPELION」や一度死んだはずの少女が強くてニューゲームして戦う劇場版「マルドゥック・スクランブル」三部作でスタイリッシュアクションを描き切っている。

P.A.WORKS

「花咲くいろは」で実在する温泉街を全国的な聖地に活性化させ、アニメ内の架空のお祭りをリアルに毎年の恒例行事化するなど「アニメで町おこし」の成功例で名高いP.A.WORKS。これからは人情物ほのぼの感動アニメに期待しよう、と思った矢先の「凪のあすから」「グラスリップ」で火サスも真っ青の人間関係ドロドロ疑心暗鬼ドラマを展開。

あまりの鬱展開にドン引きした視聴者を良い意味で裏切ったのは、アニメ制作業界そのままをリアリティ豊かに再現した「SHIROBAKO」。多くの実在人物をモデルにして業界の裏と表を赤裸々に描画するにあたり、アニメファン視聴者の眼だけでなく競合他社で働く同業者の眼も意識したことだろう。

からの「クロムクロ」ではロボット殺陣バトルという新しい硬派路線を開拓。今後の幅広いスケールを感じさせる神スタジオだ。

A-1 Pictures

原作が神ってるからといってアニメ化が成功するとは限らないのがアニメ業界。理想的な異世界要素を凝縮した厨二小説「ソードアート・オンライン」のアニメ化を神々しく成功に導いたA-1Picturesは神が人間界に遣わした使徒か天使か。

天使といえば外見も中身も天使にしか見えない大勢の女の子が歌って踊って頑張る「アイドルマスター シンデレラガールズ」の神懸かりっぷりも見逃せない。大人の事情は若干あったらしいものの、きっちり最終回ライブも神クオリティに仕上げてきた。彼女らアイドルを偶像崇拝する信者を増加させたことからも、A-1Picturesの神と思しき所業は明らかである。

シャフト

八百万の神がいるという日本において、それらが巻き起こす怪異を通じてハイスペック女子達とキャッキャウフフできるハーレムアニメを映像化できるシャフトもまた神プロダクションのひとつと見なせはしないだろうか。「化物語」シリーズの原作者はファンによって神格化されて久しいが、追随して長く放映中のアニメ版監督もまたカリスマ化している。劇場版はテレビ版と違ったテイストで好評だ。

「さよなら絶望先生」「魔法少女まどかマギカ」の評価も高く、現在の神シャフトに思い浮かべる神ってるイメージは神たる彼率いるシャフトによって天地創造されたといって良いだろう。

動画工房

「月刊少女野崎くん」「干物妹うまるちゃん」と個性的で完成度の高いほのぼの系ギャグアニメに定評があるアニメプロ。さらに「ゆるゆり」「未確認で進行形」のような日常系から「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」「緋弾のアリアAA」など各種バトル物アニメもこなす万能神。今後が楽しみな前途有望神。

ポリゴン・ピクチュアズ

神アニメ制作会社の中でも3DCG専門の異色神。ポリゴンと名を冠するように、一見アニメ塗りに見える作画は全てそのような効果で描画したCGであり、従来のパラパラマンガメソッドは用いられていない。かつては手書きアニメの中にCGキャラが混ざるといかにもCG然として浮いていたものだ。フルCGアニメ「シドニアの騎士」では違和感のないキャラデザ、動画、背景、重低音まで凝ったサウンドも合間って完成度の高い宇宙SF濾過アニメを誕生させた。

蓄積されたCGノウハウを「亜人」でも存分に発揮し、映像化が難しそうな黒い幽霊をリアルに再現。現代社会を舞台にした人物のモーションや背景描画が劇場版レベルまで遜色ないことを証明。来たる2017年に公開が予定されている最新作「BLAME!」劇場版ではさらに卓越した神CGアニメが降臨するだろう。

マングローブ

栄枯盛衰。神とて永遠ではないと思い知らされるアニメスタジオ、マングローブ。「GANGSTA.」のBlu-ray発売中断や劇場版「虐殺器官」の制作中断を経て破綻、組織自体が消滅した。神は死んだ。いや、死して神になったと考えるべきか。

キャラ、シナリオ、殺陣アクション、クールなDJ演出、どれをとっても神ってたスタイリッシュサムライアニメ「サムライチャンプルー」を生誕させた神制作会社だった。個人的には退廃的な世界観で謎に満ちた放浪の旅をする「Ergo Proxy」が印象深い。