なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

告白プロポーズ失敗保険に加入して精神的ショックを最小限に抑える方法

f:id:nan7net:20170118232246p:plain

告白を断られる。ああもう最悪だ。生きる望みが失われた。人生に悲観するとしたら、今ほど相応しい瞬間はない。精神はボロボロ。鬱病、待った無し。

だから、告白に失敗しても大丈夫な保険なんて想像もつかない。まさかそんな都合の良い保険なんて、世界最大の保険会社ロイズにだって用意できないに決まってる。

決まってることをわざわざ意味もなく覆してこそナンセンス。だからこそ用意しよう、告白失敗保険。

精神科通院の全額補助

f:id:nan7net:20161105120914j:plain

まず可及的に必要とされるのは、告白を失敗して精神的外傷を負った当事者への精神的フォロー。ベテラン恋愛カウンセラーによるカウンセリング、精神科または心療内科への通院費を無制限で全額補助する。これにより、どんな絶望的返事で傷付いてもなんとかなる気構えが出来、大人の余裕が生まれるだろう。

告白相手への万全なフォロー

f:id:nan7net:20170118232945j:plain

プロポーズを断る側も大変だ。逆ギレしてストーカー化したらどうしようという心配も尽きない。どこからともなく現れた告白フォロースタッフによって、断られたことを根に持っていないこと、これまで通り友達以上恋人未満の関係を維持したい旨を伝えられても、怪しい以上に感謝の念が勝ることうけ合い。

代替相手を提供

f:id:nan7net:20170118232955j:plain

そうは言っても誰かを愛したい欲求はすぐには収まらない。そんな人の性格や好みをヒアリングして、最適な告白相手を代替する。告白の成功を保証するものではないが、精神的ショックは乗り越えられる。しかも更に理想へ近い恋愛対象が現れるのだから、この保険に加入しない理由はないだろう。

なお、代替相手にフラれた場合も追加で告白失敗保険に加入することができる。料金は2倍になるが、プロポーズチャンスも2倍だ。101回もプロポーズを繰り返せる機会があれば、悲観して死を選ぶこともなくなるだろう。