なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

仕事帰りに何となく思ったこと7選



f:id:nan7net:20171108075035j:plain

仕事や学校の帰り道は思索にうってつけの貴重な時間でもあります。晩御飯なににしようかなあ、寝るまで何してようかなあ、いいね増えてるかなあ。毎日代わり映えのない悩みもあるし、最近気になってきたトピックを考察することも気分次第で。ある日に思ったとりとめのないことを7つアウトプットしてみました。

1. 腹筋して筋肉痛だとクシャミしたら痛いなあ

腹筋がバキバキに割れた姿を夢見て、クランチやらプランクを張り切ると翌日に待っているのが筋肉痛。何気ない動作にも腹筋の筋肉が使われている事実を突きつけられずにはいられないズキっとした痛みが身に沁みます。しかし痛みではあるものの、苦痛ではない。むしろ心地よい。クシャミしてイタタタと幸せそうにお腹を抱えるのも悪くないなあと思いました。

2. 今日読み終わった小説のストーリーも結末も意外で面白かったなあ

「時間のないホテル」という現代SF小説をこれといって期待せずに読んだんですが、リアリティを伴いながらも冷静に考えて荒唐無稽、とわかっていてもやはり背筋がゾクッと冷たくなるコンテクストホラーがたまらなく気持ち良いお話でした。ビジネスライクで順風満帆な始まりから追い詰められていくストーリーの意外性と余韻の残る結末が面白かったです。ホテルこわい。人よりも怖いホテルって何。

時間のないホテル (創元海外SF叢書)

時間のないホテル (創元海外SF叢書)

3. 冬はどこをウォーキングしようかなあ

ウォーキングが好きです。でも北海道の大地では、冬の間いかにしてウォーキングを継続できるかが試されます。どこを歩くか。どこかの室内練習場やスポーツジムでグルグル歩く。それもまた打開策のひとつ。でもやはり雪国でしかできないことをしたい気持ちもまた本物。膝まで積もったドカ雪の歩道を、今からズボズボ雪中行軍したい衝動に駆られてやみません。

4. たまには新しく別の街で働きたいなあ

新しい都市の風と、新しいお仕事と、これから起こる全てが目の前で踊る、そんなニュアンスの歌謡曲が昔あった気がします。いくつか持っているスキルはありますがそれに拘ることなく、別の場所で新しい職場で働いてみたくなる。公私とも元々飽きっぽいだけかもしれませんが、未知へのワクワクを追い求める旅は一生続けていきたいなと。

5. 引っ越したいなあ

近所でもいいんです。住まいを変えること自体が目的なので、より遠くの立地だとか、快適な物件じゃなくてはいけないとか、そんなこともありません。移動距離20メートル、交差点を挟んだ斜向かいのマンションにピストン輸送して引っ越したこともあります。なにせ引っ越しそのものが好き。根無し草。きっと一つのところに何十年と定住し始めたら、じわじわと根っこから腐っていくことでしょう。

6. ナンセンスなことで集まれるコミュを作りたいなあ

恥ずかしながら人脈、コネ、リア充などと呼ばれる人間関係が皆無でして。しかも基本的に一歩引いた姿勢。到底ありえない物や行為を通貨にしてみたり、誰得な特区を考えるのが好きですが、ワークショップやプレゼンテーション方式で他の人がやったらどう変わるのか興味が湧いてきました。でも結局ナンセンスなテーマなので「役に立つ」「利益につながる」みたいな実益を求めてる人にとっては無為な時間に見えるかもしれません。

7. 人を見る角度って変わるんだなあ

ずっと人の一面しか見ていなくて、あれ、この人ってこんな人だったっけ? と心変わりでもしたような錯覚に陥ったあと冷静に思い返してみるとその人は別に全くなにも変わっていません。そうではなく自分のものを見る角度がいつのまにか変わっていたことに気付く、いや気付かされることがままあるなあと。きっと逆もまた。忘れがちなことで、板につくにはもう少しかかりそう。などなど取り留めなく会社帰りに思ったのでした。