なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

自由席に座れなかった(T_T) 誰か「自由席確保代行」やって



f:id:nan7net:20171128211652j:plain

特急列車の自由席はリアル椅子取りゲーム。限られた自由席に座るため、早くからプラットフォームで前の方に並ぶ不自由という本末転倒。不毛ですね。もうそんな無益な戦いは「自由席確保代行サービス」を利用して終わりにしましょう。あなたの代わりに代行スタッフが乗車して確実に自由席を確保します。

始発駅から乗車して確実に自由席を確保

目的車両の自由席を確実に確保すべく、依頼を受けた自由席確保代行スタッフが始発駅のプラットフォームで行列の先頭に並びます。無事に自由席に座ったら、依頼人に座席番号をメールやSMSにて通知。合流したら途中で依頼人に席を譲ります。

以後は自由席にて快適な列車の旅や出張、通勤通学をお寛ぎください。なお、取り残されたスタッフは終点まで連結部付近で立って待機。社会奉仕の一環として他のお客様を優先します。

成功報酬制

JRや私鉄と提携契約しているわけではありませんので、自由席確保代行スタッフといえど100パーセント絶対確実に座席を確保できるわけではありません。乗車率が100パーセントを超える繁忙期ほど難易度が上がります。万が一に確保を成功出来なかった際は代行料金を全額返金いたします。

さらに辛い立席での乗車時間を快適に過ごせるよう折りたたみ椅子、膝かけ毛布、任天堂switch、各種茶菓子を終着駅まで無償レンタル。Uシートと遜色ない寛ぎ空間をご提供しましょう。

指定席を取れば良い? その通り

そもそも有料で高額の自由席確保代行サービスをわざわざ利用するのではなく、おとなしく始めから指定席券を購入すれば良いではないか。そんな呆れた声が今にも四方八方から聞こえてきそうな心境です。おっしゃる通りすぎて青春18きっぷ片手に鈍行列車の旅へ出たくなりました。

分かりますでしょうか、確実に座れるとは限らない自由席に苦労の末、無事に座れた瞬間の喜びと安堵。このカタルシスは指定席にないものです。あるとすればゴールデンウィークや年末年始の超繁忙期に朝一みどりの窓口で指定席を購入できた時の安心感。

ですが、それとこれとは別物の感動かと。自由席確保代行サービスは、指定席以上に価値のある自由席ならではの楽しみを提案するものです。