読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

正直憂鬱な強制参加イベント「社員旅行」への出席を代行します

f:id:nan7net:20140122205148j:plain

みなさん、社員旅行はお好きですか?

好きですか。良いですねえ。
楽しんで行ってらっしゃいませ。

そもそも自分の勤務先には社員旅行がないとお嘆きの方。
こういっては失礼かもしれませんが、羨ましい限りです。

週末の飲み会ですら影を薄めて話を振られないようにしてる身としてはもう。

世界でも日本だけらしい、社員旅行とかいう独特の文化。

旅行は、心底一緒に行きたい人と行きたいもの。
それが好きな人となら最高ですね。

なのに社員旅行ときたら、好きでもない同僚が何人もいる模様。
ほんと、せっかくの旅行が台無しです。

なぜ素晴らしい観光地を、素晴らしくない同僚と一緒に見て回らなければならないのか。

文字通り、朝から晩まで顔を合わせるなんてまっぴらなのです。
行き先が沖縄だろうと台湾だろうとオーストラリアだろうと、ご遠慮したい社員と一緒なんて憂鬱。

あ、台湾ならちょっとがんばって行きたいかも。

でもよっぽどの気まぐれがおきない限り、社員旅行なんてパスしたい。

百歩譲って、社員さんの中には一緒に行きたいなって人もいるので、その人たちとだけなら行ってもいいかな。

正直こう思ってる人って、少数派でしょうか?
そうかもしれません。

でもでも、社員旅行に出かけるの絶対やだもん。

これはそんなワガママで、みんなと仲良くしよう的な同調圧力をホイホイ受け入れたくない人のための新サービス。

あなたの社員旅行、別の人が代わりに行きます。

観光地スポットで記念撮影代行

旅行といったら記念撮影ですよね。

もちろんバッシャバッシャ撮ってきます。
珍しい絶景をバックに、代行業者が写ってきます。

沖縄で3メートルくらいのヘビを首に巻きつけながら。

オーストラリアで猛獣コアラを果敢に抱っこしながら。

イタリアで遠近法を使ってピサの斜塔を手で支えてるフリをしながら。

今から楽しみですね。

ワクワクして、出発前日の夜は眠れそうもありません。

代行スタッフが。

ご当地グルメを堪能代行

やっぱり旅行といったら美味しい料理でしょっ

がっつり食べてきますとも。

タテだかヨコだか分からない本場の分厚いビーフステーキも。

美味しいけど硬くて噛み切れないダチョウのステーキも。

ステーキばっかり? いえいえ。たまたまですよ。

たとえば、落花生から作られたジーマーミ豆腐も(個人的に好き)。

ご馳走を外しては、旅行に来た意味が半分くらい失われます。
残りの半分は優しさで出来ています。

行きのフライトで、機内食に手を付けるか迷うほどです。
楽しみでなりませんね。

旅行先で味わうご当地グルメの数々。

代行する人のお口に合うとイイネッ

夜の宴会でお酌代行

旅先での居酒屋は実に楽しいものです。
上司や同僚がいなければなおさらね(ぼそっ)

そんな方々へのお酒のお供も代行しましょう。

快く、代行スタッフは会社の人間達をあなたに代わって接待いたします。

宴会芸や一発芸は有料オプションですが、ご要望に応じて受付中です。

芸の仕込みにお時間をいただきたいので、お申し込みはお早めに。

旅行先でのナンパ代行

旅先でしかできない恋もあります。

旅行先の土地で暮らす人たちとの交流は、下心があってもなくても新鮮です。

醍醐味のひとつですね。

そして、予想外のアクシデントも旅行につきもの。

嬉しい非常事態なら、大歓迎です。

明日には帰ると分かっていても抗えない、切なげなワンナイトラヴ。

涙を呑んで、代わりに楽しんで来るとしましょう。

あなたも来ればよかったのに。

お土産を悩んで選ぶの代行

最近の観光スポットでは、ご当地土産といってもひとつやふたつではありませんから。

東京なら鳩サブレ、と思わせてかーらーのーハチ公サブレ

迷いますね。

優柔不断なあなたの代わりに、代行スタッフが独断と偏見と思い込みでお土産を選びます。

選びますっ(買うとは言ってない)

お土産購入代行をご希望の方には、改めてそっち専門の代行業者をご紹介いたします。

別途お見積もりください。

社員旅行好きなら代行スタッフを募集中なので是非

社員旅行が苦手というマイノリティとは正反対の、そこのあなた。

タダで行ける社員旅行バッチコーイ?

えらく乗り気ですね。

それだけ社員旅行にノリノリでしたら、いっそのこと社員旅行出席代行スタッフになってはみませんか。

全く知らない会社の社員旅行に紛れ込んで、あたかも古株社員のように振舞いながらの観光。

めったにできる体験ではないですね。

是非、確かめてきていただきたいものです。

旅行先で周りの既存社員が、初対面の代行スタッフに見せる顔を。