なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

告白代行業者を利用すれば好きな人も百発百中!?

f:id:nan7net:20170119221930j:plain

一世一代の大舞台。ここで決めなきゃ男も女もすたる。緊張の一瞬だ。

そんな愛の告白を、プロの告白業者に代行してもらいたい、という要望に応えたサービスが生まれたらしい。

だって緊張するのヤだし、セリフを噛んだら恥ずかしいし、断られたらショックだし。ねぇ。

相手の好みをリサーチ、理想のパートナーを選出

告白成功の9割は事前準備にかかっている。相手を知るのだ。好みのタイプとか欲しいプレゼントとか、そんな上っ面の話ではない。隠したい変態的な性癖、心の中に渦巻くドロドロな陰湿さ。

さらに知られたらドン引き間違いなしの非人道的な本音、一桁少なく申告している経験人数。裏の裏まで全てをリサーチした上で理想のパートナー像を想定し、代行業者を手配。

物真似ショー経験者が声色を模倣

理想に最も近い相手ではあるが、依頼主の要素も含めて代行終了後に恋人関係の引き継ぎを円滑に行えるよう配慮している。声は人となりを表現する上で最重要。

一流のモノマネ師をなめないほうがいい。例えば電話越しに話したら、おそらく本人と聞き分けできない。アニメ声優としても活躍しているプロの告白代行スタッフを派遣する。

その後の流れも翌朝まで一括代行

どんなに完璧でハッピーな朝の日差しを二人で浴びても、告白代行サービスはここで完了する。理想像を演じた代行スタッフは撤収するから、以後のお付き合いは依頼人自ら行う必要があるだろう。

なお告白失敗保険との併用はできない模様だ。規約により告白者が本人に限られる上、告白後の予後不良はサポート対象外となっている。告白失敗保険への加入を検討中の小心者はくれぐれもご注意を。

ところで現在、顧客満足度は高いのに告白自体は失敗するという不具合が発生しているとのこと。幸せそうに朝チュンを迎えたのに、その後依頼人と関係が続かない報告が絶えない。