なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

愛の告白時にありがちな失敗7選。そこ、間違えないで!



f:id:nan7net:20170122231434j:plain

今後の人生をガラリと変えることになる、かもしれない愛の告白。もし失敗したら人生の汚点、思い出したくない黒歴史、死んだほうがマシ、とまでは言わないが精神的に落ち込むことは間違いない。

告白の後、もし結果オーライで良い返事を貰えたとしても、結婚式の紹介ビデオでいじられることは必至。ありがちな失敗だからこそ事前に気を付けて予防線を張っておこう。

名前を間違える

緊張のあまり、大好きな相手の大切な名前を間違えるのもご愛嬌。後になってみれば笑い話で済む。しかし元彼・元カノの名前と間違えたらさあ大変。修羅場の末、果たしてこれも笑い話に出来るか否か。

セリフを噛む

ここ一番でキメるべきときに、セリフを噛んでしまう自分の滑舌の悪さを呪いたくなる。あえいうえおあお。ある程度は発声練習、しておこう。良い雰囲気をこんな取るに足らないミスで台無しにしたくない。

別の人に告白する

相手の目をまっすぐ見れないほど照れに照れて相手が別人だと気付かない。こんな情けなくては夜も気付かず、朝のベッドわきに見知らぬ別の誰かの裸が横たわってたって照れ隠しで誤魔化すに決まってる。

待ち合わせ場所が到達困難

まず待ち合わせ場所にサプライズを求めるのが失敗の始まり。誤解や間違いが発生して落ち合えなかったら、もはや告白どころじゃない最悪のスタートを切ることになる。また、変に見付けづらいマニアックな場所、待ち合わせ時間が営業時間外で辿り着けない所は避けるべし。

体型が変わりすぎて人違いされる

恋の病で食事も喉を通らない気持ちは分かる。しかし拒食症状態で体重がみるみる減少し、別人と見紛う病的なまでに痩せ細っては告白相手を驚かせるだけだろう。同様に、緊張のあまり大食いしてぽっちゃり化しようものなら、人違いとか別にしてフラれるだけである。

告白代行サービスを利用する

nansense.nan7.net

こう言っては何だが、愛の告白を他人に代行してもらおうという腐った根性がすでに人生を失敗している。一応、告白代行サービス自体は合法だし、需要もあるのだろう。それでも自立した大人としては愛する気持ちを自分の言葉と行動で間違えずに伝えたいものだ。

告白失敗保険に加入する

nansense.nan7.net

こう言っては何だが、愛の告白に保険をかけて失敗のリスクヘッジをしようという腐った根性がすでに人生を失敗している。一応、告白失敗保険自体は合法だし、需要もあるのだろう。それでも自立した大人としては愛する気持ちを背水の陣で失敗を恐れず伝えたいものだ。

若者の恋愛離れが叫ばれて久しいが、まったく満足に一人で愛の告白もできないとは情けない。失敗したっていいじゃないか。そういう小心者に限って世界は自分中心に回っているような振る舞いをする。なら、世界の中心で愛を叫ぶくらい造作もないことのはずである。