なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

本格チャンバラ殺陣がある面白いサムライ武士アニメ7選一覧



f:id:nan7net:20180716102212j:plain

ジャパニメーションの神髄、それは日本らしさが存分に活かされるサムライ同士のチャンバラ作画。殺陣シーン。侍アニメを7つ紹介。

1.サムライチャンプルー

ヒュンヒュンと目にも留まらぬ早さで刃の応酬。鍔迫り合うのではなく身を反って避けまくるのがスタイリッシュで爽快。チャンバラは動きが激しくアニメ作画が大変なのに、ヒップホップ音楽のリズムと破綻なく融合したカッコイイ殺陣に仕上がっています。もう制作スタジオが存在しないのが惜しまれます…

2.シグルイ

軽さは皆無。重くて濃い内臓のやりとりを楽しむマンガです。チャンバラと呼んでいいものかどうか…人体の一部が多少切り落とされても闘いは続き、ストーリーも進みます。少年マンガのようにいつのまにか復元したり死んだキャラが生き返ることもありません。隻腕と盲目の殺陣が見られるのはシグルイだけ!

3.クロムクロ

ありそうでなかった巨大ロボット同士がジャパニーズサムライソードで披露する殺陣。カッコよくないハズがない。バズーカとかレーザー撃つなら人型ロボットじゃなくて戦車みたいな形でもいいのですが、それはそれ、これはこれ。

4.サムライセブン

黒澤明監督の「七人の侍」をモチーフに勧善懲悪的な展開を見せるサムライアニメ。農村の米を狙いに来る敵は機械と化してますが。7人のキャラが立ってて、それぞれサムライとして抱える考え方や事情を秘めており、最後までハッキリと明かされないところもあります。それがまた余韻を残してて良い。太鼓など和楽器のBGMもカッコイイ。当時と現代を未来的に融合した侍アニメドラマ。

5.忍たま乱太郎

初期メンバーと上級生組でファン層の毛色が全く異なる事態になってしまったアニメ忍たま乱太郎を誰が予想し得たでしょうか。忍者の卵といえど忍者の端くれなら当然剣術にも長けています。いえ、きっと長けているに違いありません。

6.キテレツ大百科

コロ助が命のように大事に背負う補助輪付きの刀は銃弾を跳ね返せる程度にガチな堅さ。どこかの青ダヌキ的ポジションに見えるサイズですが、どちらかというと昼寝メガネ寄りの愛すべき不器用キャラ。

7.ニンジャスレイヤー

忍者が携帯している刀の用途は基本、暗殺用。だから鍔迫り合いの戦闘に発展した時点で作戦失敗なわけで。海外から見たニンジャの偏ったイメージをアニメにしたらこうなりました。ツイッター版のイメージそのままに前衛的に仕上がったアニメ版ニンジャスレイヤーに、まともなチャンバラを期待するならダメ元な覚悟をしましょう。