なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

ソーシャルマフラーがふたりの絆を強くする

f:id:nan7net:20140129182517j:plain

最近、寒いですね。
こちらは札幌ですが、まあまあ寒いです。

にもかかわらず、無性にアイスを食べたくなるのも札幌。

セイコーマート(北海道シェアNo1のコンビニ)限定の北海道クリーミーソフトは、なまら美味しいんですよ。

さすがに外でアイスを食べ歩く人は、約1名ここにいるなんななとかいう人を除いては他に知りませんが。

除雪で道端にうずたかく積み上げられた雪塊の高さが一晩で2メートルを超える北海道界隈。

誰しもコート、手袋、マフラーの3点セットが恋しくなる季節という意味では、全国共通の冬。

寒いからこそ、互いに身を寄せ合いたい。
きっと本能なのでしょう。

本能に逆らう理由ってなんでしょうね。
色々思いつくと思います。

一方で、逆らいたくて逆らっているわけじゃないという気持ちもまた真実。

そうと認めたくない。
痛いほどわかります。

偶然なことに、ソーシャル枕ソーシャルマドラーソーシャル孫の手と、「ま」で始まるアイテムがしなくてもいいのにソーシャル化され続けています。

近づけないからこそ、近づきたい。

ソーシャルマフラーなら、そのお手伝いをできるかもしれません。

首に巻くマフラーならではの機能

ソーシャルマフラーの見た目は普通のマフラーと全く変わりません。

皆様の多種多様なファッションセンスにお応えするため、無地、ストライプ、ボーダー、女子高生に人気なキャメルチェック、ヘリンボーン、ドットなど一通りの柄をご用意いたしました。

カラダを保温するためのマフラー。

体温計を内蔵して使用者のコンディションを把握する機能なんて当たり前。

ソーシャルマフラーは、心まで保温してあげたいと考えています。

計測した体温はリアルタイムにデータベースへ蓄積されます。

極度の体温低下が予測された際に、内蔵された薄型バイブレーターが首元を軽くマッサージして危険をお知らせするためです。

また一見してはわからないのですが、マフラー表面には多数の触感センサーが搭載されています。

髪の色と長さ、首回りの発汗量、結び方とその強さなど、およそ感じ取れる周囲の情報をデータ化します。

なぜそんな機能が?

それはね。

ソーシャルマフラーは、あなたのことをもっとよく知りたいからに他ならないからですよ。

二人マフラー(恋人巻き)で本領を発揮

したことあります?

ひとつのマフラーを、ふたりで巻くんです。

非常に仲の良い証明ですね。

そらもうドッキドキですよ。

正確な呼び方は定かではありませんが、ふたりマフラーとか、マフラー恋人巻きなどと呼ばれているとか。

極めて効果的な、巧妙なマフラーの使い方といえるでしょう。

まず、マフラーを相手に巻いてあげる口実を考える必要がありません。

「寒いね。マフラー、半分こ、しよっか」

これだけでおっけーです。
寒いなら仕方ない。

で、なにせ首元に巻くマフラーです。
ふたりで使ったら、確実に相手と身体が密着まちがいなし。

防寒着の上からだとしても、心理的距離はそれ以上に縮まります。

そして何より、顔と顔が極限まで近くなります。

もうここまで来たら、することは一つですよね。

今しないで、いつするの?
キスと呼ばれる、愛情の等価交換

このシチュエーションこそが恋人巻きの真骨頂。

冬は寒くて困りますが、この時ばかりは寒いことに感謝ですね。

そんな良いことづくめの恋人巻き。

なお、私はしたことが

人、場所、時間帯も記録

恋人巻きが実現したら、ほっといても二人はよろしくするでしょう。

ソーシャルマフラーとしては、あえておせっかいを焼かせていただきます。

まず、二人の髪の色、長さがわかります。
巻いた瞬間、ツイッターにその情報をつぶやきます。

フェイスブックのウォールには、ヘアスタイルから推定される二人マフラーの想像図を自動生成されたイラスト付きで投稿します。

見る人が見れば、これ、友だちのあの人じゃね? と特定することもできそうです。

ソーシャってますねぇ。

あ、もちろん位置情報付きです。
ソーシャルマフラーのブランドロゴタグの裏あたりに、小型のGPS受信機も内蔵。

大切なお二人の恋人巻きの瞬間です。

いつ、どこで実現した思い出なのか、克明に記録致しましょう。

胸がトキメいている間は、時間の経ち方が早くなったり、遅くなったりと変わるものです。

ソーシャルマフラーが巻かれてからほどけるまでの時間を正確に計っておりますのでご安心ください。

そんな些末なことを気にしてないで、どうやったらここからキスまでもっていけるか、その流れ作りに集中していただければと思います。

もちろん、二人の頭の位置を元に、キスの瞬間とその回数をSNSにリアルタイム投稿します。

ご安心ください。

このキス実況機能については、設定でオフにできます。

注意点として、髪の毛の色や長さが異なる別の人と恋人巻きしようものなら、その情報もたちどころに共有されます。

二股、三股が進行中の方は、ソーシャルマフラーを複数ご購入されることをお勧めします。

体温から今後の展開を未来予測

ソーシャルマフラーは、お二人の体温上昇経過を把握します。

個人別に興奮度を記録しているようなものです。

過去のSNS上に蓄積された体温データを参照して、類似する体温上昇パターンを経験したカップルの結末を予想してツイッターに投稿します。

「ソーシャルマフラーで恋人巻きが使用されました。よく似た展開のカップルは48,325組、そのうち恋人に発展したのは26,785組。二人が今後お付き合いする確率は約55.4パーセントです」

ほぼフィフティフィフティですね。

きっとソーシャルマフラーを使っていなかったら、3割を切っていたでしょう。

ソーシャルマフラーとして、想定したくないこと。

それは。

最初に二人マフラーしてドキドキして。

次に二人マフラーしたらもっと早くドキドキして。

そしてそれ以来。

ソーシャルマフラーが使われることは無くなった時です。

お二人に、もうソーシャルなどという野暮な機能は不要になったということでしょうか。

2つのアカウントが、同時期にツイッターやフェイスブックをフェードアウトするかのように。

お察しください。

でも、お二人が幸せになったということです。

良い意味で、ソーシャルマフラーを必要としなくなった。

今流行りの卒業ですね。

おめでとうございます。

こうして、類似する体温上昇パターンのカップル成立確率は少しだけ上がり。

ソーシャルマフラーのエコシステムは回っていきます。