読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

この街で二度目は無いと思え! 初体験以外禁止特区

f:id:nan7net:20140505074156j:plain

初体験。

ドキドキしますね。

もう済ませましたか?

何をとは言いませんが。

不安を感じる方もおられるでしょう。

いいですか、こういうのはね。

身を委ねたもの勝ちだったりするものです。

その経験の結末が、どっちに転んだとしてもね。

言葉は悪いかも知れませんが、初体験と比べて。

二回目以降の経験は相対的に、真新しさや興奮の度合いが減るものです。

慣れってこわいですね。

人間、新しいことを望まなくなった瞬間から。

過去へと生き始めます。

どうか、少なくともあなただけは生涯、枯れないでいて。

せめてこの街の中でだけは、いつでも新鮮な気持ちに満ち溢れた生活をしてほしい。

そんなワクワクした毎日を実現するために。

全ての初体験以外を禁止させていただきます。

最も興奮し、最も儚い日々の連続をお楽しみに。

恋は初恋のみOK

甘酸っぱい記憶。

といえば初恋ですが、人によってはほろ苦い記憶。

そもそも昔のことすぎて覚えてないという方にとっては、無味無臭といえましょうか。

私のように。

というのは嘘で、小学校中学年から高学年にかけて一方的に燃え盛ったあの気持ちの先にいた誰かだったような気がしました。

のは気のせいで、幼稚園で二十代前半ぽい大人びたように映るあの先生相手が最初の恋だったと一応記憶しています。

懐かしいなあ。

風化しすぎてて全く自信がありません。

そんな自信のなさが頼り無かったからか、初恋の行方についてはお察しください。

つくづくあてになりませんね、人の記憶という幻は。

どちらにしろ、初体験限定特区の住人にとっては最初で最後の恋となります。

大切にしましょう。

って、もう遅いのですが。

初恋以外の人に恋をしてしまったら?

困りましたね。

単刀直入にその相手に、あなたは私の初恋の相手ではありませんが、あなたに恋をしてしまいました、とご相談なされてはいかがでしょう。

お困りのあなたを見かねて相談に乗ってくれるかもしれませんよ。

必要以上にね。

最初で最後の、はじめてのおつかい

初体験以外禁止ルールはどんな子供にも適用されます。

買うものが書かれたメモを手に隣町まで、たった一人で行く初めてのお使いも例外ではありません。

お母さんから渡された買い物リストのメモ用紙とお財布を両手に、はじめてのおつかい。

昔はシリーズ化されて、幾度もテレビ放映されました。

あれを観て同じように我が子をお使いさせた親御さんが日本全国にいらっしゃったかもしれません。

生まれて初めて電車に一人で乗ったときの緊張を覚えておいででしょうか。

初めてレジで千円札を出し、商品を受け取ったあと、おつりを貰い忘れたと気付いたのはお店を出てだいぶ歩いたあと。

顔面蒼白になりながらおそるおそるお店に戻ると親切な店員のおばちゃんが満面の笑みで手招きしてさっきのおつりを渡してくれて。

今度は忘れないようにようにねとかなんとかいって、先人の知恵を授けてくれたりして。

おつかい、すなわちパシリ。

2回目以降は禁止されているので、もう今後することもないでしょう。

店員のおばちゃん、今度会うときは色々な初体験を済ませてきてるから、おつりを受け取る余裕を見せ付けてあげるよ。

期待しててね。

就職面接も最初の1社に全力を

新卒か中途かに関わらず。

初めての求人面接へ全ての力を賭けましょう。

就職戦線は、ウルトラクイズ以上に知力、体力、時の運。

初体験以外禁止特区では、同時に複数企業へエントリーシートを提出して、面接日がバッティングしないようにスケジューリングをする必要はありません。

厳選した一つの会社に、はじめての面接を捧げます。

一度しかチャンスが無い故に誰もが真剣勝負であり、企業側としても冷やかし半分なダメ学生が来ないので効率の良い人材獲得ができると好評です。

じゃあその一回限定の面接に落ちたら生涯、会社で働けない、とか思われましたか?

学校を出たら面接して企業に就職する、なんてそんな使い古されたレールは、かえって危険なご時勢ですよ。

資格を取得してサムライ業を始める。

ウェブサイトを運営して広告収入を得る。

面接が不要な求人に応募する。

別のご家庭に永久就職する。

面白い動画を作ってクリエイター奨励プログラムから奨励金を得る。

誰かのヒモになる。

誰かの愛人になる。

とりあえず起業する。

どうでしょう。

最初の面接以外が禁止されて、初めて見えてくる別の選択肢もあったのではないでしょうか。

そんな方法なんてムリだ、非常識だなどと、ありきたりなセリフで否定なされる方は、始めからこのナンセンスなブログを読みに来ていないことと思います。

つまり、今このエントリーを読まれているというあなたには、初体験に限定された程度では狭まらない、無限の可能性を秘めた未来が待っています。

お喜びください。

そして検討しましょう。

私の愛人になることを。

エッチは初体験の1回限り・・・?

本題のようなものです。

申し訳ありませんが、避けては通れませんでした。

やはりエッチを語らずして、初体験なるものは語れませんよね。

では、一生に一回しかエッチできないということ?

いいえ、ご安心ください。

世の中は上手くできておりまして。

名目を変えればOKです。

別の初体験にすり替えましょう。

なんと、浮気や不倫を初体験すれば再びH可能です。

浮気や不倫を初体験しましょう。

エッチは、その過程にすぎません。

最初そのつもりがなかったのに、流れ的にそうなっちゃったので雰囲気に乗っかってみた。

ゆるふわ系ですね。

あ、風俗初体験、と言ったりもしますので、そっちもセーフです。

別の勇気が要りますけどね。

なんだか探せばいくらでも抜け道があるみたい。

何かヘンですね。

初体験はとても大切で、貴重な経験のはずでしたが、だんだんそんな先入観が薄れてきました。

これが大人になるということなのでしょうか。

だとしたら、別に大人になんてならなくても構いません。

永遠のゼロ歳、いえ18歳の気持ちです。

初々しい初体験も色褪せない。

初体験以外が禁止されたって、意外と困らないということも分かりましたし。

良い物ですね、初体験。

楽しみです。

エッチに限らずね。