なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

オリンピック新種目・早着替え男子とはどんな競技?

f:id:nan7net:20140811124217j:plain

衣服を着替えるという行為は世界共通の習慣であり、演劇などの舞台をしている人たちはすぐに別の衣装に着替えなければいけないことから早着替えの技術を磨いていることも少なくないと言います。

そんな着替えという日常の行為をいかに最速で正確に行うことができるのかという競争意欲が高まって生まれたのが、早着替え競技なのです。今回は、そんな早着替えが競技としてオリンピック新種目になった場合の考察をしていきます。

着替えのルールはスピードと正確さ

早着替え男子の競技ルールは至ってシンプルで、指定された衣装に着替える際にかかった時間を競うものとなっています。

ルールの重要な点として注目されているのは着替えるスピードと正確さであり、誰よりも早く着替えを済ませることはもちろん、指定された衣類を正しく身につけなければいけません。そのため着替えの時間をどうやって短縮するのか、正確に身につける知識や技術を持っているかどうかが勝負のカギです。

2020東京五輪の決勝は「十二単(じゅうにひとえ)」

早着替え種目の特徴は、決勝戦の種目衣装が開催国の伝統衣装であることです。そのため2020年東京五輪では日本が開催国となるため、決勝戦での衣装は十二単(じゅうにひとえ)となります。

これは女子はもちろん男子も同じ衣装で決勝に臨むこととなり、身につける衣類の多さや帯の結び方など着物に関する知識や技術が必要。どのようにして早く身につけることができるのかが勝敗のカギですね。

競技終了後はエキシビジョンとしてショーを開催

そして早着替えの競技後の楽しみとして話題を集めているのが、エキシビションとしてファッションショーが開催される点です。フィギュアスケートのエキシビションみたいな感じですね。

男子も女子も合同で行われるエキシビションとなっており、ファッションショーの合間にはランウェイでデモンストレーションなどが開催される予定となっています。そのため競技中はもちろん、競技後のエキシビションも楽しめるところが早着替え競技の魅力です。

オリンピックを盛り上げる世界共通の文化競技

このように早着替えは世界共通の文化を思い切ってオリンピック競技にしてしまった面白種目で、単純に勝敗を競うだけではなくエンターテイメントとしての側面を持っているところが魅力です。

特に競技終了後のエキシビジョンでは選手たちが楽しくファッションショーを繰り広げるため、オリンピックに相応しい平和な競技となっています。

オリンピック新種目・ネットサーフィンとはどのような競技なのか

f:id:nan7net:20190412204500j:plain

ネットサーフィンとは、一般的に様々なインターネットサイトを検索したりサイトをめぐることを指していますよね。そんなネットサーフィンとマリンスポーツのサーフィンを掛けた全く新しい競技が、オリンピック種目として新しく認定されました。

何と、サーフィン中にネットサーフィンをするというとんでもない競技なのです。ダジャレ…といわれても反論できない発想です。今回はそんな新しいオリンピック種目であるネットサーフィンについて考察していきます。

ネットサーフィン(死語)が世界で一番上手いサーファー

この競技は、本物のサーフィンをしながらネットサーフィンを行っていくことが基本のルールとなります。

ポイントは本物のサーフィン同様に波に乗って高難易度の技を繰り出しながらも、ネットサーフィンでも同じように如何に次から次へとインターネットサイトにアクセスすることができるかどうかが重要視されています。このため点数配分は本物のサーフィン部分とネットサーフィン部分に分けられます。

海でサーフィンしながらネットサーフィン

またネットサーフィンで戦う際に重要なポイントとなるのが、ネットサーフィンをするためのデバイスです。実際の海でもインターネットでも波の上を確実に渡っていかなければいけないため、多くの選手が確実な操作が可能となるタブレットを使用しています。

ちなみにスマートフォンでも競技可能とされているものの、歩きスマホが禁止されているように、泳ぎスマホは厳禁とされているため注意が必要となっています。あくまでサーフボードの上に立って波に乗りながらネットでもサーフィンしましょう。

乗るしかない、このビッグウェーブ(炎上)に

この競技の最大の魅力は、如何にインターネットサイトを炎上させて盛り上げることができるかどうかです。

通常のサーフィン部分では高難易度の技を繰り出せば高得点につながりますが、ネットサーフィン部分はより多くのサイトを炎上させることが高得点のカギとなっています。いかに観客とネット上のユーザーを盛り上げられるかが勝敗を決する重要なポイントだと言えるのです。

時代の波にも乗っているオリンピック新種目

ネットサーフィンという競技は駄洒落にしか見えない新種目ではありますが、インターネットの普及した時代の波にうまく乗っている部分が評価されるのではないかと期待できます。

IoTの普及が進む現代五輪において、ネットそのものが競技内に取り入れられるのは必然の流れ。オリンピックの種目としてもインターネットをうまく活用してネット上も含めた会場を盛り上げることができ、新しい分野として注目できるのではないでしょうか。

筋トレの美しさを競う!東京オリンピック新種目【筋肉体操男子】

f:id:nan7net:20190411232011j:plain

「筋肉は裏切らない」のキャッチコピーで話題になった筋肉体操。最近は健康に関する関心が高まっている上、目の保養になる美麗男子が淡々と筋トレをするだけの映像作品に注目が集まっています。エクササイズではありますが、スポーツとしての認識は薄いかもしれません。

アスリートは筋トレを当然のようにやっているし素人でも簡単に挑戦できます。しかし正しいフォームで行わないと効果が出ず、効果が出るまでに時間がかかる非常にハードな行為。高い忍耐力と正確性を求められる筋肉体操はオリンピック競技にふさわしいでしょう。

基本的な筋トレ運動の美しさを採点で競う

腕立て、腹筋、スクワットなどの基本的な筋トレの美しさや正確さが採点され、その合計点を競っていただきます。

他の体操競技やフィギュアスケートなどに近い競技形式ですが、難しい技を成功させられるかではなく基本的な筋トレの美しさを競うところが特徴。選手たちには一つ一つの技に高い精度を求められる非常にシビアな競技になります。

腕立て、腹筋、スクワットの技術点と構成点を競う

筋トレに身体づくりの側面がある以上、構成のバランスも無視はできません。腕立て、腹筋、スクワットなどの一つ一つの技術点だけでは優勝に届きません。

全身をどれだけバランスよく鍛えられるプログラムなのかという構成点も、筋肉体操では重要な項目になってきます。自信のある筋肉のアピールだけでは高い点数にはならないでしょう。

決められた回数の演技力と時間内の最高回数も採点対象

競技には規定回数の演技力を競うものと、時間内最高回数も競うものの2つがあります。前者は一つ一つの美しさと正確性を採点し点数を競うのに対して、後者は筋肉のタフネスを競い合います。

フィギュアスケートや他の体操競技のような芸術性とマラソンなどのような競技性を兼ね備えた、奥深い競技と言えるでしょう。

オリンピックにふさわしい競技

近代オリンピックは、スポーツによる精神面と肉体面の成長を目的の一つとしています。筋肉体操は厳しく単調な動作の繰り返しと一つ一つの動作の正確性を求められる競技。

肉体面の成長だけでなく、忍耐力や集中力の獲得による精神面の成長も期待できる競技です。筋トレのフォームそのものの世界一を決める、まさに筋肉の祭典オリンピックにふさわしい競技言えるでしょう。