なんななナンセンス

益体もないナンセンスなことを、ある程度は掘り下げて考えた

絶対居眠りできないココ一番に「寝不足保険」



f:id:nan7net:20131024145641j:plain

寝不足で今にも居眠りしそうな一日に、当社スタッフがあの手この手で居眠りを妨害してあげるサービスです。

睡眠が足りているにもかかわらす昼食後に眠くなったり、絶対に居眠りしてはいけない大一番に備えた保険としてもご利用いただけます。

寝不足の朝は一杯の濃いコーヒーから

夜明け前の起床寸前、寝室に保険スタッフが忍び込み、アツアツのコーヒーを保温プレートの上にセットしておきます。

煮詰まって濃縮されたコーヒーをどうぞ。とても苦々しくてスパイシーです。寝起きに摂取して頭をスッキリさせるには致死量寸前のカフェインがピッタリ。これで安心ですね。

紅茶党のお客様には、スプーンが立ちそうなほど大量の茶葉で煎れた濃厚なブレンドティーを手配します。ただし、睡眠誘導ホルモンであるメラトニンの増加につながる牛乳を含むミルクティーはご用意しておりません。

授業や会議中の居眠りには吹き矢で瞬シャキ

ドアや窓を閉めきった部屋の場合、天井裏に忍び込んだスタッフが換気口から吹き矢で狙いを定めます。手の甲やデコルテ、うなじ、足首など皮膚が露出しているところにチクッと一撃。周囲の誰にも気づかれず、一瞬でシャキッとさせます。

また、蚊サイズのマイクロロボットが空中で常時監視。居眠りの兆候が見られ次第、お客様の体表に着陸して極小の針で掘削し、適度な痒痛を与えます。

痛みの強さはお好みに応じて調節可能なので、ご安心を。快感と苦痛は紙一重といいます。痛すぎず、かといって優しすぎては眠気覚ましになりません。絶妙な痛覚コントロールの妙技をご堪能ください